カタログギフトの「ヘンケル ブロックセット」

9月に、母の実家で不幸がありました。先週四十九日の忌明け法要があり、香典返しにカタログギフトを

もらいました。

人気カタログギフトのリンベルのプレゼンテージカタログギフトです。

そこに、刃物で有名なゾーリンゲンのヘンケルもあります。

1731年、刃物の町として名高いドイツのゾーリンゲンで生まれた「ツヴィリングJ.A.ヘンケルス社」。

<最高のものを持つ喜び>をカンパニー・スローガンに掲げ、使い手の最高の期待を満たすために生まれた

その製品は、完璧な機能とモダンで飽きの来ないデザインを意識し、厳しい品質基準をクリアした

価値ある逸品です。

・ブロックセット
料理バサミ:全長20cm ペテイナイフ:全長24.5cm 刃渡り13cm
ラージペテイナイフ:全長29cm 刃渡り16cm

リンベルのカタログギフトにはさすがに良い品がありますね!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カタログギフト・ランキング上位のグルメ

「カタログギフト割引の木村陶器」のリンベル2500円コースのグルメには
・ア・ラ・カンパーニュの焼き菓子詰め合わせ

・メリーのチョコレートセット

・麻布 タカノ・コーヒーの有機コーヒーセット

・AGFインスタントコーヒーセット

・イリー エスプレッソコーヒーセット

・ドリップコーヒーセット

・クッキーアソート

・ドリップコーヒー・クッキー・紅茶セット

・フレーバー紅茶セット

・有機栽培紅茶

・静岡深蒸し茶詰め合わせ

・八女茶詰め合わせ

・宇治茶詰め合わせ

・知覧茶詰め合わせ

・和歌山県産 梅干し

・和歌山県産 梅花音

・和歌山県産 梅の奏 しそ漬け梅干し

・和歌山県産 梅の奏 まろやか梅干し

・栃木県産 とちおとめ

・山形県産 さくらんぼ 佐藤錦

・山梨県産 水蜜桃
美味しいものがいっぱい!
素敵なレビューも

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

お歳暮は相手の予定を事前に確認

お歳暮を用意しているお店は沢山あるようですが、やはり人気が高いものは凄く目立ちますね。
冬に一番人気なのは何とタラバガニなんだそうです。ズワイガニや魚介類は冬に油がのっているのでとても栄養価がたた各お勧めになっているようです。

また、お肉やそばうどん等の麺類も定番ですし、女性が多いお宅ではスイーツも贈るのに定番んになっているようです。
お酒の好きな一家にはビールや日本酒・ワイン等もお歳暮で人気なのだそうですよ。

栄養士さんの中には、冬の寒さを乗り切るために、健康維持のためにビタミン類を取ることがお勧めでフルーツも喜ばれるものとなっているようです。
リンゴなどは美味しく、産地直送してくれるお歳暮も多いようですよ。

注意することは、食品を贈る際には相手方に断っておくといいようです。
例えば旅行でいないのに生モノが贈られてしまったら、困ってしまうことになりかねません。その時はカタログギフトなど時間にかんけいのないものが良いですね。
相手の予定を事前に確認して贈るのが良いでしょう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

退院祝いをカタログギフトで

贈り物をする予定があったので、ちょっとネットで
カタログギフトについて調べてみました。

しばらく入院していた親戚のおばさんが、退院したので、
何か贈り物をしようかと思ったのです。

退院した方が、お見舞いにきてくださった方に、
御礼の気持ちを込めて、贈るのは、快気祝いというんですね。
ちょっと、勘違いしてました!こちらが、
退院おめでとうっていう気持ちで贈るものかと・・・。

のし紙も、いろいろ種類があるんですね。快気祝いにぴったりの
やさしいお花模様ののし紙とか。受け取った方も、よかったねって
いう気分になりそうです。

なんでも、形式だけ贈っておけばいいやなんて考えず、
細かいところにまで気を配るって、日本人らしいなって思います。

さてさて、快気祝いのことは忘れて、私が贈る
退院祝いを探さなきゃ・・・。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

自分向きのものを見つけて

手作り感のあるプレゼントもとても憧れるものなんですが、不器用だと逆に嫌がられたりするんですよね。
先日は凄く料理の上手い方がケーキを作ってくれたというので皆期待をしていたのですが、なんだか本人の体調が悪かったせいか、味がちょっとおかしかったのです。
分量を間違えてしまったのかもしれません。

料理の上手い方だっただけに、期待が一気に崩れてしまって、しょんぼりした空気になってしまったそうです。

プレゼントの中にはカタログギフトもあったそうです。
定番のものやちょっとハイセンスな品物がラインナップされているのだそうですが、はずれがない、失敗が無いということで、これは喜ばれたそうですよ。

料理が下手なら下手なりに、失敗のないプレゼントをする工夫があるわけですね。
どちらも良いとこ取りしたいものですが、それぞれの良さを認めて、自分向きのものを見つけてみるのがいいと思いました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カタログギフトは進学・卒業・就職祝いで喜ばれる

進学祝い、卒業祝い、就職祝いに喜ばれる贈り物として
名入りの品を贈るのが今までは多かったと思います。
名入りの文房具や、名入りの雑貨、スーツなどの洋服。
ただし名入りの品物はもらう当人にとってうれしいものもあれば、
使うのにちょっと困ってしまう・・・ということもあるようです。

たとえば名入りの文房具を使っていると、それが贈り物なのか、
自分で購入したものなのかが見ているほうにはわかりません。
この人、几帳面なのかな?と思われてしまったり、
名入りのものを使うなんで、お金持ち―と思われてしまったり、
何かと物から人を判断するのがヨソさまですから、
使うのにちょっと気はばかるということがあるようです。

そのようなお祝いごとの贈り物として万能選手なのが、
やっぱりカタログギフトです。

カタログギフトであれば日常に必要なものを選ぶこともできれば、
ちょっとしたお洒落に使いたいと思う品まで、
ジャンル問わずに贈り物として手渡せるようになっています。

新しい環境で必要なものは人それぞれですので、
足りないものを自分で選んで取り寄せられるというのは、
もらうほうにとっても本当にありがたいプレゼントですよね(*^_^*)

ただし、ただカタログギフトだけを贈るというのも
なんか味気ない・・・と思われる方には、
新生活に向けてのアドバイスや励ましなどを文章にしたためた
メッセージカードがつけられるカタログギフトを選ぶのが、
一番おすすめといえるでしょう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カタログの有効期限を確認する

普通の贈り物を頂く場合には、何かしらの商品を受け取りそれらを利用したり、お菓子類であれば食べてしまえばそれまでになると思います。

ですがカタログギフトのように、贈られてきたカタログの中から自分の欲しい商品を選び注文するという事が必要なものもあります。

その場合に事前に確認しておくべき事の一つとして、有効期限というものがあります。

やはりいつまでたってもそのカタログが有効なものとは限りませんから、しっかりと有効期限を確認し、いつまでに注文する事で商品を届けて貰えるのかを確認してみましょう。

出来ればカタログを貰って直に商品を注文するのが一番無難な方法ではありますが、長期にわたり悩むことになりそうな場合には、それらの確認を怠らないでください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カタログギフトの評判

やはり贈るものであれば相手に喜んでもらえるような物が良いと思うのは当然の事だと思いますが、そんな贈り物、やはり評判などが気になってきたりもするのではないでしょうか?
コレは良いと聞いたから、誰かに送っても大丈夫だと思う、そんな判断の仕方をする人も居る事でしょう。

喜んでもらうにはその物の品質や評判などを意識していくと思うのですが、その贈る物の一つとしてカタログギフトなどはどういった評判がもたれているのかも気になる事でしょう。

結構カタログの内容によっては、贈られても困る、と思う人も居るようですし、大事なのはその贈るカタログの品質を意識していく必要があるのだと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

枝雀の「うなぎや」

枝雀の「うなぎや」
「おかしいなと思て、一徳さん徳さん、道頓堀で飲ましてくれるのと違うのんか一言
うたら、「いずれ道頓堀へは行くねけれども、萩の茶屋の弟んとこへちょっと用事が
あんの、今、ふっと思い出したんや。僕はそこへ先行こうと思うが、君はどうする一
とこう言うたのでね。私、そのときはね、おなかの中では多少はムカムカ、ムカムカ
ッとしましたよ。なんぽ一杯飲ましてくれるにして(口ごもりながら)もですよ、そ
ないにああた、なんー」
「ハキハキもの言え ハキハキ」
「いや、ハキハキ言ってるんですけどね、ちよっと虞が立っているとこの描写なんで」
「描写いらんわ、そんなもんお前」
「ムカムカしてくるんですよね。そやけどやで、ここで「そうかほんならお前行けよ、
俺はこれでもう帰るわ一言うたら、「そうか、ほなまあ道頓堀もまた今度にしよか一
と言われかねないこともないでしょ。それで、お腹ん中でよほどムカムカとしてい
たんですけど、顔ではにーこにーこしてね、「まあまあ用事があんねやったらそれ先
に済ましといたほうが、よほどそら気が楽になる?じ言うたら、「すーまないねえー
言うてね、どんどんどんどん南へ南へ行って、萩の茶屋へ一軒の家、ガラガラっと開
けたら、それこそ徳さんとうりニつ、どっちがどっちやわからんなって、入れ替わっ
てもわからんなっちゃよう似た顔。向こうは家系やね、皆よう顔似てるわね。それで
もうごじやごじゃごヒやごじや話して、一まぁそういうことで。すまなかったね一。か
ラガラピシヤって、いやー今日一日であっちこっちの用事がすべて済んじゃって、
ほんとに僕は助かったあ。ありがとうありがとう一言いながらぺーッと北へ北へ行て、
いよいよ堺筋、道頓堀、道頓堀のほう入りよってん」

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

命名札のお役目

命名札というのは本来子供の名前を覚えてもらうために、出産内祝で贈るものになっています。
ですがそれの処分に困るという人は結構居るようで、名前という事もあり中々処分しづらいのでしょう。
基本的にはある程度の時期が過ぎたら処分しても大丈夫だとは思うのですが、ちょっとした基準としては、年賀状や暑中見舞いのハガキなどが届いて、そこにお子さんの名前も一緒に記載されている頃になれば、命名札のお役目も終わりになると思うので、処分しても良いと思います。
それまでは大事に取っておくようにしましょう。
周りが結婚してくるような歳になってくると、そういった命名札というのは溜まってくる人も多いと思います。
そういう人で、処分に悩んでいる人が居るのでしたら、こういう時期を見計らうといいのではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ